スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖戦のレギオス2

 せレギのミラージュを読了感想を書きます。
聖戦のレギオスII  限りなき幻像群 (Style‐F)聖戦のレギオスII 限りなき幻像群 (Style‐F)
(2009/10/20)
雨木 シュウスケ

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
強欲都市ヴェルゼンハイムをわが物顔で支配する一族、その名も―マスケイン一家は一夜にして滅んだ。“マスケイン一家の暴児”として恐れられていたディクセリオ、通称ディックは死んだはずだったが、時空を超越する存在となり、都市を渡り歩いていた。なんの目的で、なにを為すために?ここで為すことがなにに繋がるのか。イグナシス。リグザリオ。二者の対立の中で、この不可思議な物語の中で、ディックは復讐を渇望する。そして、ディックは学園都市ツェルニに立っていた―。『鋼殻のレギオス』本編と前史『レジェンド・オブ・レギオス』シリーズを縦横に活躍する、謎の男ディクセリオ・マスケイン。彼の謎を明らかにすることは、レギオス世界全体の謎の解明につながる―。増殖する“レギオス・ワールド”の決定版となるバイオレンス・ファンタジー第二弾。(Amazon商品の説明より)

点数:75

一巻の購入理由::「こレギ」のほうを買ったらこっちを買うのは自分の中では当然の流れです。特別にディックが好きという訳ではありません。


今巻の購入理由:一巻の購入理由に同じ

筆者について:レギオスシリーズだけでもいろんな作風が味わえるような気がします。とても良い作家さんだということでしょうか?

感想:えーーと。一巻はディックがニルに会うまでのお話で、今巻はニルに会ってからツェルニのお話でした。やっぱり舞台が学園都市になると登場人物もたくさん増えますね。一匹狼気味なディックですがそれでもたくさんの人物が出てきました。本編のほうで気になっていた、あの人との初遭遇も会ったりでやっぱりリンク部分が一番面白みをかんじますね。三巻の内容がとても気になります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク(ほぼ自分用)
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。